「どうして自分はいつも悩んで苦しんでいるのだろう?」「好きな自分になってもっと人生を好きになりたい」このような悩みや目的を持ったお客様達が、「内側」→「外側」からのアプローチによって、悩みや不安、恐怖、悲しみから解消され、 自分の「本来求めているもの」「自分らしさ」を手に入れることができるようになっていきます。そして、想像以上の未来にあなたを連れていってくれます。そんな女性たちを増やす事をミッションに活動しています。

「アンちゃん」

SACHIKOをつくるもの

フォント確認

 

アンちゃんは2018年1月5日に、

突如として舩橋家にやってきた。笑

 

 

すでにジュウシマツが13羽いましたし、

子供たちもまだ手のかかると年頃の男の子が3人。

 

 

動物は大好きですが今は家族として迎え入れる予定はない、

全くもって無理だから!としつこく伝えておいたのに、

うちの旦那さんはそんなこと聞きやしないのです。。w

 

 

子供たちと出かけて帰ってきたかと思うと「車の中に、子犬がいるよ」と私に言う。

 

 

まさかね、嘘でしょと半分嫌な予感(?)にイラつきながら

見に行ったところ。。

 

 

 

 

 

 

ほんとにいたーーーーーーー!!!(゚Д゚)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

助手席にちょこんと座ってた、それがアンちゃん。

 

 

これは半年くらいのときのだけど、ホントにこんな子供たちと車に座っていた。

 

 

 

もちろんそのあと大げんかになったのはいうまでもありません。。

 

 

 

 

しかし彼女に罪はない、本当にかわいい。

 

「ほらね、飼ってよかったじゃん!」

の主人にうっさいだまっててくれる、

いやいや、結局面倒見てるの私だから。"(-""-)"

 

 

しかし彼女との暮らしで私の意識は相当いろいろな変化があったのも事実。

 

 

 

 

何が変わったかっていうと、

犬<人間ていうのが無意識的にあったと思うのだけど、それがほぼなくなった。

 

 

というか、犬だけでなく生き物すべてに対してフラットな気持ちを持てるようになった。

 

 

 

 

 

それから、動物を食べるということについて真剣に考えるようになった。

 

そして、自分が仕事で使っている化粧品の動物実験について、考えるようになった。

 

 

それから、殺処分について。

 

 

全てそういった行為そのものについて何かを批判するというよりも、

なぜ人間はそんなことをするのだろうかと

人間の欲望と意識について考えるようになりました。

 

 

 

 

 

 

それから、アンちゃんがなぜ私のところに来たのか、

なぜ娘ではなく犬という形でこの子はうちに来たのだろう?とかね。

 

 

 

そういう意味では

アンちゃんが家族になったことで私の中の人間に対しての疑問とか、

生まれ持った運命とか、そういうことについて考えるきっかけをたくさんくれたかな。

 

 

 

それからアンちゃんが病気になったことがあって、四肢麻痺になってしまいました。

幸いリハビリで1か月ほどで回復していきましたが、

今でも後遺症が残っていて、足が悪くてあんまり長くお散歩したりすると足を引きずるの・・

将来的には足の大きな手術をしなくてはいけないみたいです。

 

 

 

生まれてこの方病気に悩まされたことのない私。

でも、病気についてもとても考えることが多くなり、自分の中での病気への概念というものもとても変わった。

 

 

 

一言でいうと

病気は怖がって予防しまくるものではなくたくさんの事のメッセージが込められているもので

必要以上に怖がるよりも共存して生きていくということの有難さや尊さ。

みたいなものについてかな。

 

 

 

これまで犬や猫は飼ったことが無かったので

全てが初めての経験ですが毎日ご飯をつくって、身体を整えて、お風呂に入れて、乾かして、なでてやる。

 

 

人間も犬も欲しているものは同じ。

生き物はすべて、おんなじなんだっていうことを日々痛感して過ごしています。

 

 

 

子供たちに与えるものを、味付けなハワイアンソルトをぱらっとかけてあげています。

だから子供たちもアンちゃんも、ほぼ同じ物を食べています。

 

 

それからなんと。

小2までがkっこうが大嫌いで毎日泣いていた次男が、

毎朝のあんこセラピー(?)で、学校に行けるようになったのも凄く大きかった。

 

 

アンちゃんという名前も、彼が付けました。

もう私がアンちゃんに会ったときには「この子はアンちゃんて言うんだよ」

って、命名済みでした。笑

 

 

 

 

「アン」とは「幸せな」という意味があるんだそう。

本当にアンちゃんが来てくれてから、次男は変わったと思います。

繊細で何でも感じやすい彼だからこそ、

犬の純粋さに触れたり、自分を調律してくれる存在になったのかもしれません。

 

将来は動物が好きな人と結婚したいんだそう。笑

 

 

 

 

そんなたくさんのきづきをくれたアンちゃんに感謝です。

 

 

確実に、私を変えてくれた存在。

 

 

 

これからも、元気で過ごしてほしいと思っています。