SACHIKO FUNABASHI
美容師歴16年。2006年に美容室を開業し、これまで50000人以上のお客様を担当。その中で見つけた「美容×心のケア」の大切さを説くため、 現在はサロンワークの傍ら「外見美と内面美のサポートで大切な人の波動も上げられる自分に生まれ変わる人を増やすクリエイター」として活動。主に外見美を扱うお仕事をされている女性を対象に【魂までケアできるビューティシャンを育成するモエナプリズムアカデミー】を主催。主催講座の受講生は過去300人に及ぶ。。

本当は親なんか、そんなに大した地位ではないのかもしれない

 

※私の心の整理の投稿です。長文です。 

 

 

長男を見送ってから1日経ちました。 一昨日は空港から帰ってきて、
長男の部屋をあけると当たり前ですが誰も居なくてがらんとしていて
急に寂しさが増して涙してしまいました。
 
 
 
中学卒業してから4ヶ月ほど彼はずっと家にいたので
なんだかとてもぽっかりしていますが。
 
 
 
無事あちらにもついたようでさっそく洗濯洗剤持ってくるの忘れた。
とラインがありましたがもう何もしてやれない、現地で調達してもらうしかないね。
 
 
 
生活面と進学、そして共同生活同時に新しくスタートするわけだから
しばらくはかなりの負担とストレスもあるでしょう。。
  
 
 
2夜明けて、今思うことを自分への1つの区切りとして
書いてみようかな。 完全私の独り言と区切りのつぶやきなんだなぁと思っていただいて、
読みたくない人は読まなくてOKです。
 

 

今回息子を送り出して改めて感じる事は、子育てって1人じゃ出来ないってことです。 
というか1人でするもんじゃないというか。  
 
 
 
なんか人1人が成長していく中でさ、成人するまでは
親はどうしても自分たちが責任を持って、きちんとした子に
育てなければっていう想いがどこかにあると思う。もちろん私も
そういう思いがあった。
 
 
 
ちゃんとよく見張ってなければとか、教え込まなければとか、
道を示してあげなければとか、ガチガチになっていたわけではないけれど
普通のお母さんが抱くような多少の緊張感と責任感をもって、
子供を育てて来たと思う。 
 
 
 
それはもちろんものすごーく大切な事でそれがなきゃただの無法地帯ののばなしな
子育てになってしまう。 
 
 
 
だけどなんかね、未成年だからこそいろんな人の手を経て
親以外の人やものに育ててもらうのがいいなって、ある時思った事があって。 
  
 
 
この先進国で恵まれた環境?にいるからこそ、子供達って昔よりずーっと
いろんなものとの出会いの機会がなくなっている。
 
 
 
それは人との出会いもそうだし、経験もそうだし
文化や政治や自然や動物たち、歌や踊りや絵や信仰する人々の姿とか、
なんかそういうものに触れる事が、
かなり無いんだよね。。  
 
 
 
本当は親なんか、そんなに大した地位では無いのかもしれないと思う、
子供への影響は大きいけれど基盤を早々につくったら、
本来の力と魅力でその子は生きていけるはずなんだもの。 
 
 
 
核家族化してると触れ合う大人も親、
先生、塾の先生、いれば祖父母、くらいなもんで
たぶん現代というのは人が人間性を身につけていくのに
充分な数の出会いと経験が足りて無いのだと思う。
本当は、子供の師は世界中にいっぱいいる。
 
 
 
人以外にも、誰かがつくった物とかもそうだしそこに生息してる木々や草花や
自然動物もそうだしどのくらいの師に出会えるかという事って
とても大事な事だと思うんよ。 
 
 
 
あ、とは言っても特別な人に出会うとかそういう事ではなく、
目の前にいる人がもうすでに学びの対象って事も忘れちゃいけない。 
  
 
 
だから日本にいてもそれは出来る事なのだけれど、
日本の今の教育に任せてたらなかなか難しいのかなというところも、
正直感じてしまう。。かな。なんか偉そうだけど。
 
 
  
。。っとまあ、そんな風に思うわけだけど、むこうの高校を受験するとわかったとき、
うちの両親は相当反対したw 
 
 
 
子供達のことも小さい時から可愛がって面倒見てくれてきたし
とても心配性な親達なもんでしばらく受験することを秘密にしておいたのに
長男がぽろっと口を滑らせて、それから私と父での大げんかが勃発し。
 
 
 
久しぶりに大バトルして勘当されました。笑 
 
 
 
まだ15の子供をとおくにやるなんて!!怒
ヨーロッパはテロの危険もあるんだぞ!!怒怒
お前はどこまで世間知らずの
大馬鹿野郎なんだ!!!!怒怒怒
 
 
 
その他あーだこーだの言い合い。
きわめつけ、
もうお前なんかこの家に帰ってくるな!!!!
 怒怒怒怒怒
 
 
 
。。とのことで
なかなか私の子育て感は受け入れてもらえず1ヶ月ほど音信不通の沙汰にもなってしもて。w 
 
 
外から見てると留学?わぁいいね!と思われがちだけれど
実際近しい間柄の大切な子供を遠くにやるとなると、
案外手放しで喜ぶ人って少ないもんです。笑
 
 
 
夫方の母にも、そのほかの親戚の方々にも、
なんでそんなことを今わざわざ。。という感じになったし
「なんであんなにいい子がそんな所に行かなくちゃなんないのかねぇ。。
可愛そうに。。なんとかやめさせられないのかえ?」
等言われる始末。
 
 
 
なんか私が無理やり行かせてる事になってるし!
 
  
 
まぁでも。。ね。
それだけ親が見るべきという概念がとても根強いのだなぁと感じました。
 
 
 
親は見るべきなんだけど、個人的には早々に土台や基盤を作らせたら
あとは社会におかえしするスタンスっていうか、もう私のものじゃないねん。 
 
 
 
見守ることしか出来ることない人様にたくさん育ててもらいながら
幸せを願うしか、出来ないと思うんよね。
  
 
 
長男はもともととても大人しくて温厚な子で人の後ろに隠れてるような子だったんだけど、
6年生に上がるときに、少しだけイギリスに短期留学してた事がありました。 
(この時も親戚から変な親扱いw)
 
 
 
通ってた絵画教室の先生があちらに移住されて、ホームスティを募集していたので
お友達と2人でお世話になっていたのです。 
 
 
 
あの時先生に来て見ない?と言われてその時はものすごく嫌がってた長男。 
でも大好きな絵を描いてロンドンを旅しようよ、
いっせいくんにはそういう時間ていうのがすごく良いし必要だと先生思うんだよねって
いう先生の言葉に促されて結局行ったのだけど。w 
 
  
 
でも、それから帰ってきて先生の言うようにものすごく人格?が
変わったというか、とても明るく積極的な子になった。 
 
 
 
広い視野で物事を考えられるようになったかと思う、
なんだか手前味噌だけども 
 
 
 
多分あの先生の誘いでイギリス留学がなければ
スイスにも行こうなんか思わなかったと思う。
 
 
 
でもそういう彼を見ていて、やっぱり親だけが人を育ててるのでは無いと、
常々感じるようになりました。 
 
 
 
 
委ねちゃった方がいいの、お願いしますって、
たくさんの素晴らしい大人達に育ててもらうべし。 
性別も世代も人種も超えて。
 
  
 
雑多でごっちゃな子育て?をした方がその子の魅力はいろんなところから
引き出されるはず。
親だけの色に偏らせてもあんまいい事ない。笑
 
 
 
だから、彼に少しでも関わってくれたみなさんに感謝しています。 
私以外のみんなに、ありがとう。 
 
 
 
父もとてもよく協力してくれて、
最後の駅での見送りでは泣いてました。
  
 
 
これで3年間学業が終わって帰ってくると18歳。
新成人!
 
 
 
なんだか長男に関してはここで子育ての第1ラウンドが
ひとまず終わったような感じがしています。 
 
 
 
少しほっとしたらまた涙が出てきました。 
 
 
    
でも第1ラウンドを終えて、母としての後悔はないかな。
たくさん向き合って、精一杯やったと思うしすごく楽しかったです。 
 
 
 
第2ラウンドはあるのでしょうか。
謎ですが。笑
 
 
 
ひとまず自分で考えて、外界へ出ていく事というところは
育った気がしているから私からあと伝えたい事は
目の前の人を大切ににすること。それだけかな。 
  
 
 
見送りの際、何もかける言葉もそんなになかったけれども
お友達を1人にしない事、起きる事柄全てに感謝して
今何が出来るか相手のことを考えて行動しなさいとだけ、伝えました。 
  
 
 
外に向かうばかりでは人は病気になり精神も病んでしまうから。 
 
 
 
手前をみる事、自分の内側をみる事大切にしてほしい。
 
 
 
昨日は下2人のメンタルケアdayにして、思い切り遊んできました。 
  
 
 
長男が行ってしまった日、実家から2人を連れ帰ろうとすると
無言で泣き続けてた次男。 
  
 
 
お兄ちゃんが居なくなった家に帰るのが嫌だったようです。 
  
 
 
とても繊細な子なので帰った時のお兄ちゃんが
居ない空気感などを想像して何かを感じ取ってしまったのだね。 
   
 
 
結局泣き疲れてその日はばあばのうちにもう一泊させてもらいました。 
 
 
 
泣きながら、トラックのおもちゃや小さなガチャガチャのお人形?を
一生懸命部屋中に並べてました。綺麗に整頓してねw 
 
 
寂しい時ね心の中がぐるぐるな時彼はなにかを整列させたりキチッと整えたりする。
 
 
 
たぶん並べたり整列させたりそうする事で心の中のぐちゃぐちゃを
整えようとしてるのだと思う。 
色分けして整理したりとかね。笑
それほど大きな存在だったもんね。 
 
 
 
ずっとお兄ちゃんの事でしばらく手を取られていたので
この3年間は下2人特に真ん中っ子との時間も大切にしようと思います。
 
 
 
お世話になった皆様、
応援してくれた皆様、
ありがとうございました!
 
 
 
また通常運転に少しずつ戻していきたいと思います。
  
 
 
私の心の整理の長文を最後まで読んでくださって
ありがとうございました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水と一体化するのはほんとに気持ちいい 2021年5月1日 もう。。 どんだけ行ってないんだって感じで 2月‥ 続きを読む
インスピレーション、ビビビ。 21年3月18日 もはやどのくらいぶりかと数えたら約1年も 会えてなかった! わたしのお母さん、‥ 続きを読む
里山でいつか暮らしたい 21年2月24日 バタバタする毎日・・・ 今月新しい講座を3本リリースしました。 すで‥ 続きを読む
アン子グッズをありがとう 21年2月1日 皆さまーー!!  全然投稿ができてなくて 忘れられてやしないかと 少々ザワザワしている幸子です。。笑 ‥ 続きを読む
中卒でもなんでもいいのだ 2021年1月13日 長男、本日スイスへ帰ります。 ここ数日バッタバタでしたー 渡航準備、毎‥ 続きを読む
水中神社へ潜りに 2021年1月5日 初詣行ってまいりました 西伊豆の水中神社へ! 素潜りでお参りに行くと‥ 続きを読む
最後のレッスンと これからのレッスン 魂のケアまでできる ビューティシャンを育てる モエナプリズムレッスン、 2020年、無事に講座が終わりました。‥ 続きを読む
2021年幸子の活動予定はこんな感じ! 2021年1月2日 明けましておめでとうございます、 モエナプリズムレッスン主催、舩橋幸子です。 とうとう2021‥ 続きを読む
ウシ柄あんこ×幸子で謹賀新年。 2021年1月1日 こんにちは、モエナプリズムレッスン主催 舩橋幸子です。 ‥ 続きを読む
2021年また新たなリリース準備中 2020年12月20日 久しぶりに明日は一日オフです。 次の日に何もない日じゃないと ゆっくり飲めない・・・笑 ‥ 続きを読む
分け目のない世界を創りたかった 2020年12月12日 昨日はサロンに沢山の人が(突然)来てくれた。 ‥ 続きを読む
「私目が小さいので・・・」の優鬱。 2020年12月2 こんにちは、モエナプリズムレッスン主催 舩橋幸子です。 あっという間に12月ですね! 信‥ 続きを読む

12345678910111213