SACHIKO FUNABASHI
美容師歴16年。2006年に美容室を開業し、これまで50000人以上のお客様を担当。その中で見つけた「美容×心のケア」の大切さを説くため、 現在はサロンワークの傍ら「外見美と内面美のサポートで大切な人の波動も上げられる自分に生まれ変わる人を増やすクリエイター」として活動。主に外見美を扱うお仕事をされている女性を対象に【魂までケアできるビューティシャンを育成するモエナプリズムアカデミー】を主催。主催講座の受講生は過去300人に及ぶ。。

ベトナム横断一人旅⑬最終回

「サパで出会った人たちと

バックパッカー旅での気づき」

 

このベトナム旅記も今回で最終回。
 
 
サパで出会った人たちのことについて書いてみようと思います♥
 
 
 
ベトナムは世界中からバックパッカーが来ています。
 
 

私のようにベトナムのみの短いトリップから
半年、一年。。など
長期に渡って他の国々を転々としている人ももちろんいる。
  
  
 
 
私今まで海外へ行っても、
じっくり人と話す機会ってあんまりなかったんよね。
  
 
 
普通に旅行してればレストランや空港の人やホテルの人、
もし長くしゃべるとしてもタクシーの運転手さんくらいでしょ。
(それも人によると思うけど)

しかしバックパッカーというのは
こんなにも人との出会いが多いのかと感動した。
  
 
 
でかいリュックしょってるから
お互いにわかるし
一人もしくは2人くらいできてる人が多いから話しやすいっていうのもあるし
「どこから来たの?」から始まって、
これからどこへ行くのか、
これまでどこへ行ってきたのか、
いつ頃帰るのかなど話のネタは共通ってゆうか。笑
 

それが今までの旅行とは全く違って一番面白かったところかな。
  
 

バスで隣合わせになったり、
何かの待合の時たまたま目があったり、
偶然同じ目的地に行こうとしてたりすると
結構いろんなところで出会いはあるものだ。
 
 
 
↑③のブログでも書いたけど、
サパ への寝台バスの中で
隣のベッドになったマレーシア人と
カナダ人の男性バッパーさん。 
 
 
 
 
こちらはホームステイメイトだった
エジプト出身のオマール。 
 
 
 
ちなみに今回サパで黒モン族のお宅にホームステイしたメイトたちで
ガチ交渉したのは私だけ・・笑
 
 
みんなちゃんとあらかじめ自国でもしくは
ホーチミンとかの都会であらかじめホームステイツアーみたいなので
予約を取ってきている。
 
 
 
 
 
そもそもサパに泊まりで出かける観光客が少ないうえ
ホームステイツアーはさらに数がとっても少ないけど
そういう仕事を一つの家業としてやっているモン族もいるようなので
興味がある人はぜひ行ってみて!!
 
 
 
予約はしていってもいいし私のように
ガチですべてが行き当たりばったりでも
面白いかと。笑
 
 
 
交渉できなかったら帰ればいいだけのことだしさ。笑
 
 
 
 
 
あっ、オマールが持ってたGoProがすごい羨ましかった、笑
これまでの旅で撮ったすごい綺麗な映像をたくさん見せてくれたよ^^
 
 
別れ際にネフェールティティのしおりと
エジプトのコインをくれました。 
 
 
 
 
 
嬉しい、ありがとうオマール!!
 
 
 
 
 
私が咄嗟にお礼にとあげたのは。。
 
 
 
 
 
 
非常食として
いつも海外に行くとき持ち歩いてる
 
SOYJOY。笑
  
 
なんか日本のものを持っていけば良かったなー。
 
子供達にはシールを持って行ったのだけど
SOYJOYくらいしかあげるものがなかった。笑 
 
 
 
でもオマールはとっても喜んでくれた。
 
豆乳、と言うとわからないみたいだったけど
豆腐とベリーのお菓子だよと説明すると、豆腐は知っていた。^ ^
 
 
 
SOYJOY、海外の方に
ちょっと渡すのに意外と良いかもよ、
豆乳のお菓子ってあまり無いと思うから
 
 
 
 
 
ちなみに見てよ!!
 
そのシール、サパでめっちゃ人気だったんよ。
 
 
子供達になにかと思って、
100均で10枚ほどいろんなのを持っていったのだけど、
大人たちが群がってきて大変興奮気味でした。笑
 
 
 
携帯ケースに貼る貼る貼りまくる。
  
 
 
 
 
貼りすぎ。。笑
 
 
 
でもとても喜んでくれたので私も嬉しかったよー^^
100均のシール、綺麗な柄のものも結構あるし、お勧め!!
 
 
 
 
それにしても、若い男性(18歳)のご主人が可愛かった・・(写真右のお顔が隠れてるやつ)
臨月の奥さんと一緒にシールをウキウキで貼っていた。笑
 
 
 
 
何というか、純粋なんだよねべとナムの男性って。笑
 
 
 
 
オマールと一緒に来てた
フィリピン出身のクリスティーン!!
クリスティンは日本のことよく知ってて、沖縄が好きなんだって。 
 
凄いエネルギッシュだよねフィリピンの女性て。 
私の英会話の先生、たまにフィリピンの女性の時があるんだけど
とても元気でパワフルでさ、
日本の女性もあれくらい元気でもいいよね(*^^*)
 
 
クリスティンはフィリピンでアナリストをしている女性で、
すごく明るくて素直でかわいらしい。
 
 
彼女が夜とっても酔っ払ったんだけど、
歌も歌いだすし踊りも踊りまくる。。
ママたちにハグの嵐。。笑
 
 
 
でもおかげでとっても盛り上がったんだよ^^
 
 
どこのお国にもみんなの盛り上げ役をやってくれる人っているんだなあ~~!笑
その盛り上げ役の血を半分分けてもらいたいW

 

 

 

 

 
1日目のステイメイトだったサムー!!
 
一番最初に話したステイメイト。 
 
 
フランスはパリから。 うーん、パリ感漂ってる。笑  
サムはイケメンで気遣いもできて素敵だったよ、 
 
 
  
半年間のバックパッカー旅の最中で、次はカンボジアへ行く予定とのこと。 
 
 
 
 
彼に1日目の前ステイ先で初めて会った時、
草むらの中の向こうの方に、なんか輝かしい人がいて、笑
 
ホームステイ先に他のステイメイトがいることも聞いてなかったので
話しかけてきて少々たじっとしたよね。 w 
 
 
 
ヨーロッパの人って
何度見ても慣れないというか、
ほえ?ってなるよね、造形美しすぎて。笑
 
 
私がダイエット始めたのもスイスであまりにも
素敵すぎるママさんたちに見惚れたからなんだよね。 
 
 
 
 
うん、やっぱ日本人にとってはいつの時代も憧れの存在やね(^^)
 
 
 
  
サムはまだ23歳なのに、
私やアークやステイ先の家族の人たちをとてもうまく繋げてくれた。 
高飛車になることもなく、
感謝の気持ちをきちんと心から伝える、
そして上から目線がない、とてもスマートなリーダー的存在でした。 
 
 
 
サムが気遣いしてくれたおかげで一人でぽつんとならずに済んだし、
みんなとも早くに打ち解けられたかなと思う。 
 
 
 
彼とは隣のベッドだったのだけど、
翌朝
「サチコは全然イビキをかいてなかったよ、
昨日あれだけ飲んだのに、
完璧な寝息だったよ!」と翌朝言われて笑った。 
  
 
 
パリの紳士の横でガーガーしてなくてよかった。。
 
 
 
こちらも1日目のステイメイトジャマイカ出身のアーク!
 
 
 
と、アークのパパとママ。 
家族でホームステイ、最高だね!!
 
 
 
アークとは今回のサパステイで一番一緒に居たかも。
 
  
 
翌日のトレッキングも一緒に行ったしね。 
 
アークは控えめなんだけどとっても優しくて。 
なんいうか、大して喋らなくても
楽?にいられて波長が合っちゃう相手っているじゃない?
まさにそれでさ。笑
  
 
 
程よい距離感と笑いのツボが合う。
長くトレッキング等してても全然楽に過ごせて良かった。
 
 
アークは私と歳が近くて34歳。 
4ヶ国語を話せるとあってみんなが言葉を教わってたよ。
 
 
 
 
ハノイに戻ってからノイバイ空港でも偶然にバッタリ!!
 
それが上の写真。笑
  
 
 
その後空港内でまた会う。笑
 
なにか縁があるのねきっと。。 また会えるといいなぁ(^^)
 
 
 
 
 
 
ベトナムは欧米人の方がとっても多い。
アジア人もいるけど特にサパ(私がホームステイした山岳地帯)では、
アジア人はほとんど見かけませんでした。
 
もちろん日本人らしき人の姿は全くなく。
 
 なぜか一緒にトレッキングする事に
なったカナダ人バックパッカーのみんな。笑
  
 
20代なんだってよみんな・・・
 
 
 
えっ嘘だよね??笑
 
 
 
  あーーー。
 
わたくし、初対面の友人同士4人の中に一人で入っていくのは
例え日本人の間でも基本苦手・・かな。笑
 
 
 
  しかしそんなことはどーでもええ。笑
 
 
 
今この時間を共にできることを感謝すれば、
不思議と緊張は解けていくものです。
 
 
お箸の使い方をレクチャーしてあげました。笑
 
 

 

 

 
 
いつのまにかチリ人の女性たちや
他の欧米人の方々や他の黒モン族の方々まで混じって歩いてて
もはやなんの御一行かわからない。
 
  
 
えーと、あなたどなたでしたっけ?みたいな。 
 
   
 
 
でもその適当な感じが、好き。笑
 

 

 
 
でもとにかく自然遊びはいい。 
  
  
 
 
初めて会っても国が違えど
お互いの身を気遣いし合って手を貸してくれたり
声を掛けあいながら歩くので自然と仲良くなれる。 
 
 
 
  
 
私この度で出会った人たちみんなに
「幸子は日本人ぽくないね!」て言われました。w 
 
日本にも旅に来た彼ら。
 
 
 
 
とてもきれいで素敵な国だったと言ってくれたよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてもちろんこのサパステイで
一番お世話になったのが
ママニュー&パパジン!
 
 
 
 
私、本当にあの時声をかけたのがママニューで良かった。
 
 
 
他にもホストをしている
女性は後から出会った人の中でたくさんいたけど、
みんなとっても素敵なんだけど
ママニューはものすごいおしゃべりというわけでもなく、
ゲストを盛り上げようと頑張るタイプでもない。
 
 
いつでも穏やかで一生懸命、
そして適度にほったらかしておいてくれる。
(これ私的に超絶大事w)
 
 
 
もしかしたらいろいろ気づかいしてもらえる方が
不安にならなくていいという人や
おしゃべりをめちゃしたいというひとには
物足りないのかもしれないけど、
何だろう、自分と似た雰囲気をすごく感じてとても心地よかったのね。
 
 
本当に出会えて感謝。
 
 
こちらはママニューの旦那さんのパパジン。
私が初日にヤ―(13歳の女の子)の彼氏と間違えた人。笑
 
パパジンは何をしているのかというと、タバコを吸ってますw
 
 
このでっかい筒が、サパでのシガレット!
アルトリコーダーじゃないよ!笑
 
 
竹を切って、その中に葉っぱを入れていぶして吸ってる感じだった。
 
 
 
 
パパジンは、とってもシャイで、
口数はとても少ない。
(というかサパの男性は皆そんな感じ)
 
 
でも実際に会ってみると、すごく男らしいひとです。
 
 
なんてゆうか、
あ~~この大自然の中でたくさんの家族を守って食べさせて、
4人の子供も育て上げて
(孫も4人いる!!)なんか、生命力にあふれてた。
 
 
写真じゃわからないと思うけど、
雰囲気が、男!!て感じです。笑
 
 
 
声も太くてよく通る男性らしい良い声だよ。
 
 
そして握手したり、
何かが触れたりしたときに感じるものすごい力強さ。
 
 
 
日本人と体格も背格好も顔もよく似ているけれど、
雰囲気は全然似てなくて、草食男子でも肉食男子でもない、
なんてゆうかな。。
 
 
 
木っていうか
 
土っていうか。w
 
 
 
 
その土地に深く深く強く根を張って生きてきた人、
という力強さと生命力と優しさと
そして忍耐強さみたいなものがにじみ出てる感じの人。
 
 
 
 
 
2日もお世話になると、
だんだん打ち解けてきて、
英語はほとんど通じないのだけど
ジェスチャーでコミュニケーションをとってくれるようになった。
 
 
 
そして、とにかくとっても優しい!
 
なんてゆうかな、
ベトナムの男性の多くの方に感じたのがけど、
イメージは「奥ゆかしいフェミニスト」って感じだね。笑
 
 
 
 
 
さっき書いたパリ出身のサムとか、
ほかの欧米人男性みたいなスマートな雰囲気ではないけど、
女性をすごく大切にしている感じが旅の間随所に見て取れました。
 
 
 
 
全体的にシャイなのは共通しているけれど、
男が上!みたいなのを感じない。
 
 
 
 
女性の扱いもソフトっていうか、
優しいんだな~と感じました。
 
 
 
 
サパはまさに女性社会そのもの!
 
 
 
村が女性性優勢の意識で成り立っている。
 
 
 
自然と調和しその時の天気と生命のバイオリズムに
合わせながら生きてる。
誰も「自分が自分が」という人はいません。
 
 
 
 
家庭も、完全に女が切り盛りしている。
何でもできる女性たち。
そして男は畑を耕して、女性たちが待つ家に帰る。
 
 
どんなに強そうな風貌でも、
家の中で亭主関白な男性はいません。
 
 
 
 
皆女性たちが用意した食事をてんこ盛り食べ、
たくさんの家族が一つの家に集まって会話を楽しみながら過ごします。
 
 
だから、大きな経済発展はないのかもしれないけれど
幸せに満ち溢れてる。
 
かなり昔の日本もこうだったのだね。
 
 
 
 
普通のホテル宿泊だとなかなかその土地の本当の生活って見えてこないから、
今回のステイは本当にいろんな偶然に感謝だし
出会えた人すべてにありがとうと言いたいです。
 
 
 
 
そうやって人との触れ合いが楽しめるのがバックパッカー旅の醍醐味だね^^
 
 
 
 
 

 

 

今回初めてバックパックひとつで全てがフリープラン、
その日その時に行き先や泊まる場所を決める
プチバックパッカー旅をしてみた。

 

 

やってみて感じた事は、
自分が思ってたよりハードルが

高くなかったと思ったこと。

 

 

もちろんあたふたしたりしたことも
たくさんあったし体力は使う感じだったけども、


めちゃ感じたのはね、

 

 


あ、なんだ、

わたし日本にいる時からバックパッカーみたいな
生活してたんだってこと。笑

 

 

 


なんか、やってる事同じっていうか
①グーグルマップで行き先調べる

②迷子になる

③なんとかたどり着く
or
booking comで予約する


これの繰り返し。

 

 

 

日本にいてもどうせいつも
会場とかをマップで探してるでしょいつも。

 

 


で、迷子になってるでしょw
反対方向の電車とか乗ってるでしょ。笑

 

 

 

でも結局なんとかしてるでしょ自分で。

 

 


だからあんまり変わらないっていうか。

 

 

 

ひとりでバックパッカー旅っていうとちょっと躊躇しちゃうかもしれないけど
女性でもぜひやってみてほしいなと思った。

 

 

 

たぶん自分で起業してたり何かやってる人なら
全て自分で決める、全て自分で責任を持って行動する、
て概念が普段からやってるから普通にできると思った

 

 

 

 

なんとかなるさの精神が大切だね。^^

 

 

 


「地球にひとり」みたいな孤独を感じて

それがまた自分が命として存在してるんだってことに

改めて感じることができるし

全てのものに感謝の気持ちが強く湧き上がる気がした。

 

 


そしてテクノロジーを生んでくれた人類に感謝。

 

 

 

 

 

 

 

・・というわけでこれまでの旅記の中で

一番長いシリーズになっちゃったけど、

ここまでよんでくれてありがとうございました(*^^*)

 

 

 

 

次はどこに行こうかな??

 

 

幸子を作るもの 大好きな場所

 

 

 

水と一体化するのはほんとに気持ちいい 2021年5月1日 もう。。 どんだけ行ってないんだって感じで 2月‥ 続きを読む
インスピレーション、ビビビ。 21年3月18日 もはやどのくらいぶりかと数えたら約1年も 会えてなかった! わたしのお母さん、‥ 続きを読む
里山でいつか暮らしたい 21年2月24日 バタバタする毎日・・・ 今月新しい講座を3本リリースしました。 すで‥ 続きを読む
アン子グッズをありがとう 21年2月1日 皆さまーー!!  全然投稿ができてなくて 忘れられてやしないかと 少々ザワザワしている幸子です。。笑 ‥ 続きを読む
中卒でもなんでもいいのだ 2021年1月13日 長男、本日スイスへ帰ります。 ここ数日バッタバタでしたー 渡航準備、毎‥ 続きを読む
水中神社へ潜りに 2021年1月5日 初詣行ってまいりました 西伊豆の水中神社へ! 素潜りでお参りに行くと‥ 続きを読む
最後のレッスンと これからのレッスン 魂のケアまでできる ビューティシャンを育てる モエナプリズムレッスン、 2020年、無事に講座が終わりました。‥ 続きを読む
2021年幸子の活動予定はこんな感じ! 2021年1月2日 明けましておめでとうございます、 モエナプリズムレッスン主催、舩橋幸子です。 とうとう2021‥ 続きを読む
ウシ柄あんこ×幸子で謹賀新年。 2021年1月1日 こんにちは、モエナプリズムレッスン主催 舩橋幸子です。 ‥ 続きを読む
2021年また新たなリリース準備中 2020年12月20日 久しぶりに明日は一日オフです。 次の日に何もない日じゃないと ゆっくり飲めない・・・笑 ‥ 続きを読む
分け目のない世界を創りたかった 2020年12月12日 昨日はサロンに沢山の人が(突然)来てくれた。 ‥ 続きを読む
「私目が小さいので・・・」の優鬱。 2020年12月2 こんにちは、モエナプリズムレッスン主催 舩橋幸子です。 あっという間に12月ですね! 信‥ 続きを読む

12345678910111213