美容師歴16年。2006年に美容室を開業し、これまで50000人以上のお客様を担当。その中で見つけた「美容×心のケア」の大切さを説くため、 現在はサロンワークの傍ら「外見美と内面美のサポートで大切な人の波動も上げられる自分に生まれ変わる人を増やすクリエイター」として活動。主に外見美を扱うお仕事をされている女性を対象に【魂までケアできるビューティシャンを育成するモエナプリズムアカデミー】を主催。主催講座の受講生は過去300人に及ぶ。。

二つの異なる潜在意識

丸っと解決に導く、幸子のエニアグラム講座

 

【二つの異なる潜在意識】
エニアグラムを学ぶ上で、この数字の分類や分析などに
目が行きがちですが、
なぜこの数字なのか、
そしてこの図は何を表しているのかなど
前提知識の理解がとっても重要です。

全てに意味があって完璧につくられているのが
この図だからです。


ここではほんの少し、
その前提知識の一つをご紹介したいと思います。


人の潜在意識は大きく分けてこの9個の能力に
分けられます。
またはこの9個がその生でクリアすべき人間に与えられた
課題ともいえるし
またはその人が一つ一つ積み重ねてきた業、
つまりカルマの種類とも考えられるでしょう。


本来この9つの意識全ての能力を
全ての人が持っていて、
でもまだ顕在的に開花できてなかったり、
課題としてクリアできてなかったりして
目に見えて「この数字の能力、私にも当てはまる!」
と思えないものもあるかもしれません。

 

でも、必ず一つ、大きく(強く)持っている
(頼っている、こだわっている、欲求としている・・とも言える)
意識があります。

 

例えばAさんなら2の意識が、
Bさんは5の意識が、
本人が意識せずとも大きくその人を支配していると言えます。


それは人間が生まれてから
育った環境や生まれた時間・・全てのものに影響されて
決まっていきます。
(エニアグラムは統計学ではないので
学ぶ上で誕生日を関係させることはありませんが)


そしてそれは一生変わることなく、
その人の基盤として根を張っていきます。


だいたい6~7歳頃になると脳が大きくなりはじめ、
外界からの情報や刺激を脳を通して
判断したり考えたりすることができるようになりますが、
この本質となる意識はそれくらいまでには
ほとんど決まると言われてります。

 

もしあなたにお子さんが2人いて、
一人は10歳、一人は4歳だとしたら、
上のお子さんはもう大方
土台となる意識が決まっていますが
下のお子さんについてはまだ判断がつかない、
と言ったところでしょうか。。
(これも個人差があり、3歳くらいで顕著にわかる子もいます)


そしてもう一つ重要なのが、
その本質となる意識が決まっていった後、
だいたい20歳頃を目安に、
もう一つ、土台の意識を補佐するような形で
大きく育っていく意識があります。

 

これをウィングと呼んでいて、
例えば先ほどの2の意識を強く持つAさん。
彼女が20歳以降であれば
ウィングの意識も判別可能です。


ウィングは本質の意識を補佐しながら
能力を発揮します。

そして必ず
この図で見ると
隣の数字のどちらか。


要するにAさんのように2の意識が強く育っている人の場合、
ウィングとなる補佐の意識は1の意識もしくは3の意識のどちらかです。

6や8などかけ離れた場所にある意識が
ウィングとなることはありません。

これが流動的でとても面白い側面の一つでもあります。

 

このウィングがどちらのものを持っているのかによって
同じ2の意識の人でも
雰囲気や言動、行動、欲求恐れ・・
そしてコミュニケーションの仕方なども
全く違ってきますし、
ウィングの意識が占める割合がどのくらいなのかによっても
全く変わってきます。

 

また、本質の意識をウィングが逆
(例えば本質が2でウィングが3の人と、
本質が3デウィングが2の人など)
であってもまた変わってきます。


なぜそのウィングが育ったかの理由も、
ご両親との関係性やこどもの頃に描いていた自己の偶像、
社会への想い、兄弟や友人や恋人、先生など身の回りの人や
動物、モノ、などあらゆるものとの
関係性によってきちんと理由があります。


それが理解できると
過去の自分やご両親とのことなど・・
辛かった思い出やトラウマになってつかえていたことなど
するすると紐づけて解明できるようになり
自他を赦せるようになる人がとても多いです。


過去に遡れば遡るほど
理解できなかったことや不可解だったことが
明るくなり、
涙する人もとても多いのです。